病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
広報誌・情報誌
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指針
調達情報
リンク
個人情報保護方針
バリアフリー情報
情報公開
:掲示板

病院長挨拶

nehashi2














 当院は、昭和37年に開設し、長らく湯布院厚生年金病院として活動してまいりましたが、平成26年4月にJCHO(独立行政法人 地域医療機能推進機構)の病院に生まれ変わりました。
現在まで、先進的なリハビリテーションを核に地域に根ざした医療を提供し、お蔭様で多くの方々から評価をいただいてまいりました。
これからも、病院そしてJCHOの使命として、この地域にとり必要な医療・良質な医療を提供してまいります。

 ところで今後日本の社会は、超高齢社会の到来、少子化による人口減少、それらに伴う経済活動の停滞、また地方においては働く世代の流出など、問題は山積しており、この湯布院の地においても今後、社会環境が大きく変わることが予想されます。
そこで我々、JCHO湯布院病院としては、このような外部環境の変化に伴って地域で求められている医療とは何かを常に考え、そのニーズに合った医療を提供すべく病院運営を行っていく所存です。
そのような背景の下、変革の一環として地域包括ケア病棟の拡張を行いました。
また今後も様々な新たな取り組みを行っていく予定です。

 今後の日本では、医療だけを単独に考えるのではなく、住民が必要とする医療・介護・福祉を切れ目なく提供することがより一層求められます。
そのためには患者・家族の皆様、地域住民の方々と診療所、病院、施設、医師会、行政との協働が欠かせません。
このことを念頭に我々、JCHO病院は今まで以上に地域での連携を深めていこうと考えています。

 我々、病院で働くものは、患者・家族・地域・社会に貢献できてこそ、その存在価値があります。
「湯布院の地にJCHO湯布院病院があって本当に良かった。」と心から皆様に思っていただけるよう職員一同努力を続けてまいります。

これからもJCHO湯布院病院をどうぞ宜しくお願い申し上げます。


                                         平成27年(2015年)7月1日
                                         JCHO(独立行政法人地域医療機能推進機構)
                                         湯布院病院院長 根橋 良雄



 2017 新春医療機関インタビュー(根橋院長)  ← クリック【PDF】
 大分合同新聞 平成29年1月3日(火) 朝刊記事



ホーム
PageTop